HOME >  企業情報 >  沿革

企業情報

企業情報のトップ |  沿革 |  拠点 |  サイトポリシー | 

沿革

昭和35(1960)年10月 資本金5000万円で設立。
昭和36(1961)年6月 埼玉県朝霞市に工場を建設し生産を開始。
昭和45(1970)年5月 業務拡大に伴い志木工場を建設し、朝霞工場より全設備を移転。
9月 茨城県日立市に日立営業所を設置。
昭和46(1971)年 1月 資本金を7500万円に増資。
11月 名古屋営業所を設置。
昭和48(1973)年 4月 山梨県にクラウンファスナー(株)を設立。
12月 資本金を1億2000万円に増資。
昭和49(1974)年 1月 秋田工場を建設し、タッピンねじの量産工場として生産を開始。
昭和51(1976)年 1月 新製品ポリウェーブ(ゆるみ止めねじ)を考案し発売。のちに特許認可される。
7月 新製品デルタイト-3(ねじ込みトルクの低いねじ)を考案し発売。のちに特許認可される。
昭和52(1977)年 9月 新製品プラックス(合成樹脂用ねじ)を考案し発売。のちに特許許可される。
昭和53(1978)年10月 新製品ショルデック(不完全ねじ部ゼロの段付ねじ)を考案し発売。のちに特許認可される。
昭和54(1979)年 1月 新製品マイクロファスナーを開発し発売。
昭和56(1981)年 3月 新製品デルタイト-2を発売。
昭和59(1984)年 6月 社是を制定し、社章を一新し社旗を作成。
昭和60(1985)年 4月 経営理念、社員網領を発令。
5月 新製品LH-デルタイトを考案し発売。プラックスを考案し発売。のちに特許認可される。
昭和61(1986)年 2月 新製品リップねじ(薄板用ねじ)を考案し発売。のちに特許認可される。
昭和62(1987)年 3月 秋田工場が資本金4000万円で分離独立。
9月 シーエージー(株)を資本金5000万円で設立。
平成3(1991)年 3月 新製品、スーパープラックス、ポリデルタイトを考案し発売。
平成4(1992)年 1月 本社敷地内に鉄筋4階建立体自動倉庫が完成。
3月 クラウンファスナー(株)新工場が完成。
3月 コンピューターによる受注から出荷までの一元管理がスタートする。
平成 5(1993)年10月 新製品リブロック(スタッドボルト)を考案し発売。
平成 6(1994)年11月 香港に現地法人日皇精工有限公司を設立。
平成 7(1995)年10月 中国広東省東莞市に現地法人東莞皇冠螺絲有限公司を設立。
平成 11(1999)年11月 ISO9001認証取得。
平成13(1991)年1月 タイ工場(ECF)設立。
平成16(2004)年7月 QS9000認証取得。
平成18(2006)年7月 ISO14001認証取得。
7月 クラウンメタルプレイティング(株)を設立。
平成24(2012)年6月 クロスファームを考案し発売。のちに特許認可される。
平成27(2015)年7月 デルタイト特許再取得。

社屋

社屋